脇汗の原因と自分なりの対策方法

仕事でストレスがかかるようになって、生活も不規則になってきた頃から脇汗の臭いに悩まされるようになりました。運動していない時にかく、ジトーっとした汗が臭うので、なるべく緊張しないように体を冷やすようにと意識していました。しかし、脇汗の臭いについて書かれた情報を読んだときに、むしろ体は温めるようにしたほうが良いということを知りました。運動不足や食生活の乱れによって自律神経が乱れるとジトーっとした臭う汗が出やすくなるそうです。

自律神経を正すには、運動したり、朝の日を浴びたりするのが良いそうです。また、便秘の人の場合、その老廃物の臭いは汗となって出るとも書かれていたので驚きました。自分と近い人に脇の臭いを確認してもらうと、確かに普通よりは臭いと言われました。

電車で立っていても臭いが気になって手すりは掴まれませんし、狭い部屋にいるときに、誰かが顔をしかめたりすると臭っているのではないかと気になりました。対策としてまず脇汗を出にくくするクリームを塗りました。他にもお通じを良くするためにヨーグルトやバナナを毎日食べるようにしました。朝起きたら日を浴びるようにして、自律神経を意識した生活を送るようにしています。また、意外と甘い香りよりは柑橘系の匂いの香水のほうが脇汗の臭いをかき消してくれるような気がします。対策を始めてからは臭いが気にならなくなってきています。